教育目標、方針


◆ 教育目標

 幼児児童生徒に対して,発達の段階に応じた適切な教育を行うことにより,能力や可能性を最大限に伸ばし,民主的な社会の形成者として必要な基本的資質の育成を図る。また,聴覚障害による学習上,生活上の困難を主体的に改善・克服する態度や能力を養い,自立と社会参加ができるよう,一人一人の「生きる力」を培う教育の充実を図る。
(1)
 聴覚障害による学習上,生活上の困難を改善・克服するために必要な知識や技能及び態度を身にけ,心身ともに健康で,豊かな人間性の育成を図る。
(2)
 一人一人の聴覚を最大限に活かすとともに適切な情報伝達手段を併用することにより,豊かな日本語の習得を目指してコミュニケーション力を高める。
(3)
 全ての教育活動をとおして,一人一人の個性や能力の伸長及び基礎学力の向上を図るとともに,自ら学ぶ意欲を高め,生涯学習の基盤となる自己教育力の育成を図る。
(4)
 キャリア教育の充実を図り,社会的・職業的自立に向け,必要な基盤となる能力や態度を育てる。
(5)
 聴覚障害教育の専門性を活かしたセンターとしての機能の充実を図る。



◆ 目指す子ども像
 ○
 明るく 元気で やさしい子(幼稚部・小学部)
 ○ 自立と社会参加を目指す生徒(中学部・高等部)



◆ 努力目標 
(1)

 個別の教育支援計画・個別の指導計画に基づき,一人一人の教育的ニーズに応じた教育を行うとともに,学力及び生活力の基礎・基本の定着を図る。
(2)

 幼小中高の一貫教育を推進するために,各部で教育課程を工夫するとともに,学校全体の系統性を図る。
(3)

 言語力の向上に努めるとともに,一人一人の実態に応じたコミュニケーション手段を適切に活用する。
(4)

 幼児児童生徒が自ら課題を解決しようとする態度の育成と発達段階に応じた生徒指導に努める。
(5)

  キャリア教育一覧表を活用し,個別の指導計画と関連付けながら学校全体でキャリア教育の推進を図る。
(6)

 聴覚障害教育のセンターとしての機能を活かした早期教育の充実や,通級指導をはじめとする小中学校等の支援を積極的に行うとともに新たなニーズの開拓を進める。
(7)

  授業研究・自立活動研修会等の計画的な実施により,各教科等及び障害についての専門性の向上を図る。
(8)

 居住地校交流及び学校間交流において合理的配慮を踏まえた積極的な取り組みを実施し,適切な評価を行う。

 






 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸聾学校